ウーマン

たるみがあるだけで老けてみられる|顎の贅肉を落とす手立て

小顔になれる美容整形

鏡を見る女性

美容外科のリフトアップ

肥満ではないのに二重顎になっていたり、たるんでいたりすることがあります。この二重顎の原因は肥満で脂肪がついている、そして加齢のたるみや元々骨に原因がある場合になります。これらの原因は生活に関係していることが多く、食べすぎはもちろん悪い姿勢からもたるみになります。そこでダイエットをしたり顔のストレッチでも解消したりできますが、かなり時間がかかってしまいます。そんなときに美容整形では二重顎のコースがあり、付いているたるみを解消することができます。まず美容整形には輪郭やフェイスラインコースがあり、そこで二重顎の施術ができるようになっています。このコースではメスを使わないプチ整形と、メスを使う切除の施術に分かれています。プチ整形はメスを使わない施術になりますので、美容整形のダウンタイムがないという魅力があります。超音波などのレーザー照射をする方法で、サーマクールは輪郭のコースでも人気です。また、サーマクールはたるみを得意とする機器で、施術内容は半年に一度照射するというものになっています。次に脂肪溶解注射というのがありますが、新しいもので人気なのがBNLSになります。脂肪溶解注射は2週間に一度の頻度で、数回に分けて打つようになります。ダウンタイムはほとんどないですが、内出血が出る人も中にはいます。他に、同じ脂肪でも脂肪吸引の方法があり、頬や二重顎の脂肪を吸引することで小顔になります。脂肪吸引は極細のカニューレ管を使い、余分な脂肪を吸引していく施術になります。ダウンタイムはありますが1週間ほどで、吸引した脂肪細胞はなくせるので効果が持続します。また医療用の糸を使うリフトアップもあり、皮膚を引き上げることで二重顎がなくなります。最近の糸にはヒアルロン酸成分が含まれ、リフトアップと美肌の効果が得られる魅力があります。医療用の糸は抜糸する必要がなく、自然に体内で溶けていく糸を使います。そして輪郭やフェイスラインのコースでは、メスで切除をする美容整形があります。また、こめかみや耳の裏を切開する施術なので、傷跡が目立たないのがメリットです。二重顎の原因が脂肪や皮膚のたるみという人向きで、一番高い効果を得ることができる美容整形になります。ですから脂肪やたるみが原因ではない骨の場合、メスで切開後に骨削りをする美容整形が必要です。二重顎になっているフェイスライン、そしてすっきりした輪郭になれます。