ウーマン

たるみがあるだけで老けてみられる|顎の贅肉を落とす手立て

プチ整形なら気軽

鏡を見る女性

シャープな輪郭になれる

体重が増えていないのに、二重顎のようにたるみが出てしまうということがあります。顎にたるみが出ると、顔全体が垂れ下がった印象になりますので、太った印象を与えてしまいます。このようなたるみは、メイクでは輪郭までカバーすることはできないので、シャープですっきりとした印象を取り戻したいと多くの女性が願っています。まず、このような顎のたるみはどうして生じてしまうのでしょう。まず、加齢による表情筋などの筋肉の衰えに伴ってたるみが出てしまうことがあります。ですが、加齢だけが原因ではありません。スマホやタブレットなどの普及に伴い、姿勢が猫背になってしまう方は多いです。この姿勢が悪い習慣となり、スマホやタブレットを使用していない時でも、注意しておかないと常に猫背になってしまいます。顔を長く下に向けていると、顔全体が下に垂れてきてたるみを生じてしまいます。このように姿勢の悪さも原因の一つですし、紫外線や乾燥などによるお肌のダメージがたるみを生じさせることもあります。姿勢を支える筋肉を鍛えることで、顎のむくみを予防することが出来ます。また紫外線や乾燥を抑えるために、化粧品に気を遣うことも重要です。ただし、一度たるみができてしまった場合、姿勢を正しく保ったりエクササイズしたりするだけではなかなか改善しないものです。そのため美容クリニックでは、顎のたるみを効果的に落としてくれる施術を行っています。メスを使わないプチ整形は、ダウンタイムが短くて痛みや腫れも少ないため、気軽に受けられるとして人気があります。例えば、注射のみで脂肪を分解する脂肪溶解注射という方法があります。一回の注射だけでも効果は出ますが、多くの脂肪を取って小顔になりたいという場合には、二週間ごとに3〜4回注射を行うことで、高い効果を得ることが出来ます。また、たるみの状態に応じて、ヒアルロン酸を注入してラインを整えたり、ヒアルロン酸よりも長期間効果の持続するレディエッセを注入したりする方法もあります。さらに効果的に二重顎を解消したいという場合には、脂肪吸引がお勧めです。1度の施術で長期間効果が持続します。目立たない場所から管を挿入して脂肪を吸引しますので、傷跡も目立たなくすることもできます。このように様々な施術方法がありますので、頑固なたるみに悩まされている方は取り入れてみてはいかがでしょうか。