たるみを自力で解消するのは一苦労 美容整形で確実に治す

たるみがあるだけで老けてみられる|顎の贅肉を落とす手立て

大きな顔を解消する整形

カウンセリング

切開するのとしない方法

顔が大きい人には骨格が張っている人、そして脂肪が付いている人などがいます。他にも脂肪の付きすぎや加齢によって、頬や顎のたるみからも大きく見えます。特に加齢によるたるみは老化現象の一つで、シミやしわなどと同じ誰でも起こる症状です。人の筋肉は加齢と共に衰えてくるので、重力にも逆らえず下へとたるんでしまいます。顔には表情筋がついていますので、加齢で表情筋を動かさなくなっていることも原因です。インターネットでは表情筋を鍛えるストレッチがあり、顔を動かす運動や便利なグッズがあります。グッズを使わない運動は道具を用意するといったことも必要ないため、どこでも簡単に行えます。また、グッズはペットボトルなど生活用品でも代用できます。ですが、セルフでの方法は個人差がありますので、かなり努力をしないと理想のフェイスラインにはなりません。また食べ物を食べるとリバウンドしたり、セルフケアをやめるとすぐ戻ってしまったりします。美容外科クリニックでは色々な美容整形ができ、顔のたるみを解消出来るコースがあります。顔には頬そして顎に脂肪がついていて、リフトアップ治療をすることができます。まずリフトアップ治療というとメスを使う方法で、顎のたるみを取って引き上げる施術です。美容外科クリニックによって施術方法が違い、メスを入れる場所や引き上げ方などが違います。メスを使うリフトアップ治療は高めになりますが、半永久的にたるみをなくし顔を小さくできます。また、メスを使う方法はダウンタイムがあり、1週間ほどは強い腫れや赤みがあります。美容外科クリニックでは痛み止めなどの薬の処方、そして施術後も施術をした医師とメールでやり取りできます。そして、最近話題になっているリフトアップ治療に、極細の糸を使う糸のリフトのコースがあります。メスによる切開をする施術とは違い、医療用の糸で顎のたるみを引き上げてくれます。施術で使う糸は美容外科クリニックで違い、金の糸を使う美容外科クリニックもあります。金の糸には美肌の効果がありますので、顎についているたるみを解消すると同時に、艶を取り戻せます。ですから、美容外科ではリフトアップ治療で顔を小さくしながらエイジング効果があると好評です。今はエステサロンでもアンチエイジングができ、最新の美容機器でリフトアップができます。しかし、美容外科クリニックは即効性があり、時間もあまりかけずに高い効果が得られるというメリットがあります。

小顔になれる美容整形

鏡を見る女性

二重顎は太って見えたり、老けて見えてしまったりします。二重顎になる原因はそれぞれで、肥満や加齢そして生活が理由といえます。顎のたるみは美容整形で解消することができ、レーザーや注射そして糸や切除のコースがあります。

ラインをスッキリさせる

顔を触る婦人

美容外科で、たるみや顎のラインを整える施術を受ける場合、いくつかの注意点があります。まずは、しっかりとカウンセリングを受けて、術後のケアなどの注意点をしっかり把握しておきましょう。基本的には、初診時にカウンセリングを受けることが可能です。

理想的なフェイスラインへ

カウンセリング

顎のたるみを解消したいという場合、美容クリニックでたるみ治療を受けるのも一つの手です。美容クリニックでは、顎のたるみ解消に効果的な、レーザー施術や脂肪吸引、糸を使用したリフトアップ手術などが取り扱われています。

リフトアップの手術の種類

顔を触るウーマン

しわやたるみは年齢を重ねるごとに深くなります。50代になるとプチ整形では治せなくなるので、その場合はフェイスリフト手術が有効です。20代や30代でほうれい線や二重顎をリフトアップしたいなら、糸リフトなどのプチ整形が最適です。

プチ整形なら気軽

鏡を見る女性

顎のたるみは、加齢や肌へのダメージに加えて、姿勢の悪さなど原因になっていることが多いです。マッサージやエクサイズでたるみを除去するのはとても困難です。美容クリニックの施術を利用すれば、効果的にたるみを解消することが出来ます。